趣味

カムカムエブリバディのラジオの銘板と「聖飢魔Ⅱ」の意外なつながり

Pocket

こんにちは。

NHKの朝の連続ドラマ「カムカムエブリバディ」が絶賛放映中です。

ドラマは上白石萌音さん扮する安子がアメリカへ行ってしまい、深津絵里さん扮する娘のるいが主役となって進んでいます。

このドラマに登場するラジオの銘板の文字が話題になっています。

その他の小道具にも1980~90年代に活躍したヘヴィメタルバンド「聖飢魔Ⅱ」のキーワードが出現したと話題になっています。

これが音楽に関する小道具ばかりなので余計に意図的とも思えるのです。

というわけで、カムカムエブルバディのラジオの銘板と聖飢魔Ⅱの意外なつながりについて調べてみました。

 

カムカムエブリバディのラジオの銘板と「聖飢魔Ⅱ」の意外なつながり

このワードが出現したのが第50話です。

以前の回からも出ていて気になってはいましたが、X-ISHIKAWAの文字に気がついたのが50話でした。

深津絵里扮する「るい」が住み込みで働いている竹村クリーニング店に置いてあるラジオに注目が集まりました。

その銘板には「X-ISHIKAWA」の文字が書かれています。

真ん中のパネルの上のほうにある黒い部分につけらた銘板です。

ラジオのメーカーだと思い、色々と調べてみたのですが、この名前では出てこなかったのですが、気付いた方がいたのです。

これはかつて西暦1980~90年代に活動したヘビメタバンド「聖飢魔Ⅱ(せいきまつ)」のベーシスト・ゼノン石川和尚の略文字ではないかと。

 

聖飢魔Ⅱとは?今も活動してるの?

「聖飢魔Ⅱ」は1982年に結成されたヘビメタバンドです。

ボーカルのデーモン小暮は早稲田大学卒の秀才で抜群のトーク力を持ち、多くのファン(信者)を獲得しました。

この頃はXやLUNA SEAなどのバンドもかなりきつめのメイクをしていましたが、聖飢魔Ⅱは全塗りで地肌が見えないメイクで、素顔が誰なのか全くわからない状態です。

結成後、メンバーの変更がありながら1986年4月発売の「蝋人形のやかた」のヒットと、デーモン小暮のトーク力で一躍有名になりテレビのレギュラーを多数持つこともありました。

1999年に一度解散し、その後20周年や30周年など記念となる期間に期間限定の再結成をし、ライブやトークショーなどを開催します。

直近では2022年の年明け早々にも再結成期間を延長してライブを行っています。

メイクをしているため、年齢が全く見えないのですがかなりの高齢になっているはずです。

ちなみにゼノン石川和尚は石川俊介さんとして他のバンドでの活動もしています。

こちらが石川さんの素顔です。

ちなみにゼノン石川和尚はこちら↓写真を比較すればパーツは石川さんとわかりますね。

というわけで、現状も活動を続けていると言えますね。

ちなみに聖飢魔Ⅱの「EL・DO・RA・DO」という曲が好きでした。

 

ラジオのモデルはナショナル

X-ISHIKAWAというメーカーは見つかりませんでしたが、このラジオによく似た機械を見つけました。

ナショナルのE-330というモデルです。

細かい所の違いはありますが、形は全く同じでこれをリメイクしたものだとわかりますね。

 

今度はレコードプレーヤーに気になる文字が

このワードが出現したのは第49話です。

るいがクリーニング屋で働いた給料でルイ・アームストロングの「On the Sunny Side of the Street」のレコードを買い、聞くためにレコードプレイヤーを買おうとウインドウに並んでいるプレイヤーを見るシーンです。

持ち運びができる様なモデルで蓋をかぶせて持ち上げられるようになっています。

その蓋の裏に「FIRE AFTER FI」の文字があります。

これは「聖飢魔Ⅱ」の曲名「FIRE AFTER FIRE」をイメージさせます。

ここまで来ると製作側の意図があるように思いますね。

他にも色々な仕掛けがあるかもしれません。

今後も目が離せません。

 

カムカムエブリバディの音楽担当が「聖飢魔Ⅱ」とつながりがあった

調べたところ、カムカムの音楽担当の金子隆博さんはこれまた80年代に活躍した米米CLUBのサポートメンバーである「BIG HORNS BEE」でフラッシュ金子という名前で活動しています。

この「米米CLUB」と「聖飢魔Ⅱ」と「爆風スランプ」が80年代のソニー3大色物バンドと呼ばれていて、つながりがあったのですね。

そして米米CLUBの公式ファンクラブ(現在はありません)が「COME COME CLUB」という名前でしたので、この辺りも関係しているかも知れませんね。

 

カムカムエブリバディのラジオの銘板と聖飢魔Ⅱの意外なつながり:まとめ

カムカムエブリバディが始まり、久しぶりに朝の連続ドラマに引き込まれて見ています。

るいには早く母親の安子に対する誤解を解く日がやってきてほしい。

そしてジョーと結ばれるのなら戦争の終わった時代の中で幸せになってほしいですね。

ストーリーに惹かれるのはもちろんですが、このドラマの中には今回の様な遊びの要素が盛り込まれていて、それに気がつくとみんなで楽しめますね。

まさかラジオの銘板と「聖飢魔Ⅱ」につながりがあるなんて予想もつかなかったですね。

でも、この竹村クリーニング店のラジオは度々画面に映されるんですよね。

しかも、けっこうなアップで。

これは、早く気付いてほしいという製作サイドのサインかも知れませんね。

この様なところにも目を配りながら楽しみたいですね。

というわけで、今回はカムカムエブリバディのラジオの銘板と「聖飢魔Ⅱ」の意外なつながりについてでした。

ABOUT ME
hopendoors
神戸在住。三重、東京、石川、愛知、岐阜、福井に在住経験あり。 日常の思いつき、気になったことをブログにしています。 サッカー観戦、釣り、キャンプを中心にアウトドア全般が好き。 家族からは変わり者と言われますが、外ではいい人で通ってます。 ひらめき、思いつきを大切にしています。